看護部 荒川恵子

 

私のモットーは、忙しいながらも楽しい職場です。日々愛と笑いを忘れずに頑張りたいと思います。また、私が、日々業務の中で心掛けていることは、「笑顔と傾聴」です。聴という字は十四の心をもって聴くということです。そういう気持ちを持ちながら、患者さんの傍で視線を同じ高さにし、ゆっくり聴ける体勢で会話を進め、安心してお話しいただけるように、うなずき、ときには会話内容をフィードバックさせながら、ムントテラピー(言葉の癒し)となることを心掛けています。でも患者さんの中には、遠慮して言われないこともあり、反省しています。遠慮は無用です。

 

これからも患者さんが前向きに病と向うことができるように患者さんをサポートし、患者さんと共に治療に取り組んで行きたいと思います。

 

 

 

看護部 樽屋佳美

 

「痛くて立っていられません」「足がしびれて長く座れない」など症状がさまざまな患者様が来られる毎日です。ですが、治療やリハビリを辛抱強くがんばられ、「なんぼでも座っていられる」「足のしびれが軽くなった」と、私よりリハビリ室をスタスタと歩かれる患者様を見てうれしく思います。

また、「先生にどう伝えたらいいか」「怒られるだろうか」と不安そうな顔で診察室に入って来る患者様もいます。そのためにも私たちが明るく患者様に寄り添い、不安に思っている事、聞きにくい事を代行し伝え、わかりやすくお薬や治療に対して説明、指導を行っています。いつでも「ちょっと、これはどうだろうか?」「これを聞いてみたいけど?」あれば声をかけて下さい。これからも患者様と共に治療に取り組んで行きた

 

 

看護師 宮崎歩子

 

 これまでベットサイドでの看護を主にしていましたが、この度、ベットの側を離れ、より患者さんの側で看護させて頂くために「かわかみ整形リハビリテーションクリニック」にお世話になりことになりました。

日々、皆さんの痛みの原因や症状を聞かせてもらい「すごい働き者!!」と感心させてもらったり、「あ~やっちゃいましたね」と少し笑わせらもらったりもしています。

治療、リハビリがもちろんメインですが、少しのお話でも痛みの緩和になれればと笑顔を大切に看護していきたいと思っています。

どうぞお気軽に話しかけてください。

 

補助 内村亜季子

 

 

「ありがとうございます!」その一言。

 

私にとって、人と関われば関わるほど繋がる言葉です。

 

老若男女問わず来院される患者さん。訴えを聞くというだけでも観点や表現、体験談の多様さに驚かされます。

 

仕事に子育て・・・脇見する間もない私に四季を感じさせてくれたり、元気やほっこりする瞬間をありがとうございます。

 

皆さんの架け橋になれるように耳を傾け、少しでも満足いただけるようにお役に立てればと思っています。

 

そして、「よろしくお願いします!」